6. Những làng cổ ở Shirakawa-go và Gokayama

Do nằm ở vùng có tuyết rơi dày nhất đất nước nên những ngôi nha trong làng cổ này được thiết kế vô cùng đặc biệt ( ( : ) . Chúng được xây theo lối gasho-zukuri , không hề dùng đinh và có mái rạ dốc đứng để tuyết không thể đóng nặng trên mái nhà .

英語表記 Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama
所在地 日本/岐阜県・富山県
登録年 1995年
区分 文化遺産
白川郷、五箇山というのは、江戸時代以前からの地名で、白川郷は岐阜県白川村荻町地区、五箇山は富山県南砺市相倉地区と菅沼地区。この地域は、国内有数の豪雪地帯で、道路の整備がされるまで、他の地域との交通の便が悪い隔離された地域であった。こうした厳しい環境や大家族制に適した建築様式として発達したのが合掌造り家屋である。
合掌造り家屋は、急勾配の屋根、広い床面積、3~5階建ての内部構造などを特色としている。急勾配の屋根は、雪下ろしの負担を軽減するとともに、この地域では、雨量が月平均180mmにも及ぶため、水はけを良くする役目も果たす。さらに、この地帯は、険しい山間部で平地が少なく、稲作には不向きなため、養蚕や塩硝の生産などが盛んになった。こうした作業には広いスペースが必要であったため、合掌造り家屋の屋根裏には、広い作業場が設けられた。また明治時代末頃までは、限られた耕地が分家によって細分化することを防ぎ、人手のかかる養蚕業の労働力を確保するため、長男以外は妻帯を許されておらず、一家族、数十人という大家族制であった。広い床面積を持つ合掌造り家屋は、大家族制にも適した構造となっていた。

白川郷
3集落の中で最大の規模。集落は、南北に走る自動車道と村道を中心に広がっており、家屋は、ほとんどが庄川と平行に並んで建っている。現在、113棟の合掌造り家屋が残されているが、遺産に登録されているのは、そのうち保存状態の良い59棟。

相倉
江戸時代末期から明治時代にかけて建てられた家屋が多く、20棟の家屋が遺産として登録されている。白川郷とは異なり、屋根に煙抜き、妻側に庇があり、土間が広くなっている。

菅沼
遺産として登録されているのは9棟。とりわけ土地が狭いため、耕作地と宅地が分かれている。入り口脇に便所が設けられている家屋もある。

白川郷

白川郷・明善寺鐘楼門

五箇山・相倉集落

五箇山・菅沼集落

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: