3. Những cây cổ thụ vùng Yakushima

Những cây Yakusugi cổ thụ trên 1.000 năm tuổi đã tạo nên vẻ huyền bí của các cánh rừng cổ rậm rạp vùng Yakushima . Một trong những cây nổi tiếng nhật là cây Jomonsugi có 7.200 năm tuổi . Vùng Yakushima được công nhận là một di sản thiên nhiên của thế giới bởi nơi đây vẫn còn giữ được một hệ sinh thái vô cùng phong phú và một môi trường sống lý tưởng cho hàng loạt loài động , thực vật đặc hữu .

英語表記 Yakushima
• 所在地 日本/鹿児島県
• 登録年 1993年
• 区分 自然遺産
屋久島は、鹿児島市から南に約130kmの海上に浮かぶ、周囲約132kmのほぼ円形の島。東京都23区ほどの面積の小さな島には、日本列島の植生が凝縮されている。こうした特性と、自然林が作り出す景観の美しさから、世界遺産に登録された。
北緯30度に近い屋久島は、常夏の亜熱帯の北限であるとともに、厳寒のシベリア気団の影響を受ける地域の南限でもある。また、島の面積の9割が山岳地帯で、島の中心部には、標高1935mの高峰・宮之浦岳など標高1800mを超える7つの山々が連なる。こうした山岳地帯特有の、標高差による気温の変化が著しいため、海岸線から標高が上がるにつれ、亜熱帯植物群落、広葉樹林帯、針葉樹林帯、亜高山帯植物群落へと植生が変化していく。
屋久島の植生のもう一つの大きな特徴が「屋久杉」。屋久杉とは、屋久島固有のスギのなかで樹齢1000年を超えるもの。現在2000本以上あり、中でも1966年に発見された「縄文杉」は高さ30m、根周り43m、胸高周囲13.8mの巨木である。その樹齢は、7200年説、6300年説、2170年説など諸説があるが、幹が空洞であるため、未だ憶測の域を出ない。
通常、スギの樹齢は数百年と言われているが、花崗岩質の屋久島では、地表の栄養分が少なく、生長が遅くなる。生長が遅い分、幹の目は詰まり、樹脂の量が他の地域のスギの6倍以上となっていった。堅い幹と豊富な樹脂により、スギは腐ることなく年を重ね、ゆっくりと巨大化していった。また、「月に35日雨が降る」と言われるほどの大量の雨も、スギの生長に大きな影響を与えてきた。
古来、島民は屋久杉を神木と崇めて、伐採はしていなかったが、16世紀に豊臣秀吉の命令で、京都に建立する方広寺の建材にするために伐採されると、以来、20世紀まで建築用建材として、伐採が集中。小杉谷は「屋久杉の墓場」と言われるほど禿山と化してしまった。1964年に国立公園に編入され、保護活動が活発化し、現在では、屋久杉の伐採は、いっさい禁じられている。
こうした植生や森林は、1900種以上の多様な植物を育み、ヤクシカやヤクザルなどの島固有の動物たちの楽園となっている。

屋久島の原始林と渓谷

縄文杉

ヤクシマシャクナゲ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: