ベトナム共産党

政治都市ハノイの看板。鎌と槌をあしらった党旗が際立つ

国民のための党
 ベトナム共産党の正式名称はダン・コン・サン・ベトナム(Dang cong san Viet Nam)。その目標は、「国民への奉仕」(現職ノン・ドゥク・マイン書記長)である。

ドイモイを経て
 結党は1930年2月3日に遡り、インドシナ共産党、ベトナム労働党と名を変え、1976年に現在の名称となった。1986年の第6回共産党大会で、経済改革を目指すドイモイ(刷新)政策が採択されたことは余りにも有名。

世代交代の流れ
 共産党員は現在310万人で、2005年時点での新規加入党員の平均年齢は29.5歳と若返りがわずかに進む一方で、入党審査では人民委員会からの推薦状の有無など、個人の才能や人間性と関係ない質問も多いという。

第10回共産党大会の看板。“豊かな国民”、“強い国”、“文明化された民主的で平等な社会”と3つの目標を掲げる
第10回共産党大会の看板。“豊かな国民”、“強い国”、“文明化された民主的で平等な社会”と3つの目標を掲げる

 グエン・タン・ズン首相が新たに選出された第10回共産党大会について、海外メディアは世代交代が進んだとして好意的に報じた。同大会には1180名が参加、このうち女性は11.5%、少数民族は13.2%を占める。

 ちなみに閉幕の辞は「ベトナム共産党万歳! ベトナム社会主義共和国万歳! 偉大なるホー・チ・ミン主席よ永遠に!」で結ばれた。

汚職撲滅に向けて
 第10回大会のテーマは“党の能力および闘争力向上、全国民の能力発揮、全面的な改革促進、発展途上国からの早期脱却”だった。いささか大時代がかった「党の能力および闘争力向上」も致し方のないところで、近年頻発する公的機関要職者による汚職問題対策も含め、党内改革が焦眉の問題である。

党内の“規制緩和”
 政治的に経済成長を最優先するなか、現在は不可である共産党員による個人事業に関し、解禁を求める動きも古参幹部を中心に党内に存在する。党員による個人事業が国益に適うというのがその主旨だ。ベトナム戦争を戦い抜いた“英雄”的なイメージだけで、ベトナム共産党を解読することはもはや難しい。

 ベトナム共産党ウェブサイト www.dangcongsan.vn/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: